ページ内を移動するためのリンクです。
ここからメインコンテンツです

VOL.10

My Smile Time

写真をきれいに撮る方法

春は、入学式や結婚式など、写真撮影の機会も多い時期ですね。そこで、人物を上手に撮るコツをご紹介します。室内での撮影は、被写体の方に壁から一歩離れていただきましょう。背中が影をつくるのを防げます。アゴを引き気味にして撮られると小顔に見える効果があり、眼鏡をかけている人はレンズが光りません。戸外では背景に迷ったら、木漏れ日など、やわらかな光が差すところがおすすめです。やさしい雰囲気に写ります。ちょっと気をつけるだけで素敵な写真になりますので、試してみてください。

“第二の心臓”ふくらはぎをマッサージ

分厚い靴下から解放され、足もとも薄着の季節になりました。最近では、ふくらはぎのマッサージの本がベストセラーになるなど、この部分は注目されています。ふくらはぎは、第二の心臓と呼ばれ、血液を体内に送る役割があるのです。マッサージの一例をご紹介します。足を投げ出し、ふくらはぎの内側の筋肉をゆっくりと下から上へ押していきます。これを3~5回繰り返します。肝臓やホルモンバランスによい効果があります。立ちっぱなしのときに足がむくむのはその働きがうまく機能していないからです。ふくらはぎは自分でもマッサージしやすい場所なので、ぜひセルフケアの方法を覚えてみましょう。

Vegetable & Fruit Recipe

ニンジンのパンケーキ イチゴソース添え

イチゴの季節がやってきました。ビタミンCがたっぷり、ペクチンも豊富でお腹の調子を整える作用があります。旬であるこの季節にたくさん食べたい果物です。ニンジンは緑黄色野菜としてカロチンを多く含み、皮膚や粘膜を強くする作用があります。このカロチンはビタミンAとして身体に吸収されますが、生で食べるより、油と一緒に摂取する方が吸収しやすくなります。
今回はパンケーキの生地にすりおろしたニンジンを入れました。手軽にできるイチゴのソースの甘酸っぱさとともに、お楽しみください。生地には甘さがほとんどないので、お好みで砂糖を加えてください。

レシピ考案

栄養士 藤岡 智子

● 材料(7~8枚分)

  • ニンジン ・・・1本
  • 小麦粉 ・・・100g
  • ベーキングパウダー ・・・大さじ1
  • 卵 ・・・1個
  • 牛乳 ・・・100ml
  • 砂糖 ・・・大さじ2
  • サラダ油、バター ・・・適宜
  • (ソース)イチゴ ・・・100g
  • 砂糖 ・・・30g

● 作り方

  • A
  • B
  • C
  1. (1)ニンジンはすりおろす。(A)
  2. (2)1個を半分に切ったイチゴと砂糖は耐熱容器に入れ、電子レンジに2分30秒かける。(B)できあがったら、つぶしておく。
  3. (3)ふるった小麦粉にベーキングパウダー、卵、牛乳、砂糖を入れながら、泡だて器で混ぜる。なめらかになったら、①を追加してもう一度混ぜる。(C)
  4. (4)フライパンを弱火にかけ、サラダ油を入れる。ぬれぶきんを広げておき、フライパンが熱くなったら、ふきんの上に置き、少しさます。再び火にかけ、おたま1杯弱の生地を入れる。弱火で、小さな穴が生地の表面に出てきたら、裏返し、両面を焼く。

BACK TO INDEX

前へ

  • 神鋼不動産コーポレートサイト
  • G'clef
  • G'clef ジークレフ倶楽部
  • アポランねっと
  • 新卒採用サイト2012
  • 神鋼の仲介 住まいづくり・安心づくり
  • 神鋼のリフォーム
  • 神鋼の賃貸
  • 神鋼の保険サービス
  • お客様紹介制度

次へ

ページトップへ