ページ内を移動するためのリンクです。
ここからメインコンテンツです

VOL.4

My Smile Time

楽しく、上手にロハスな暮らし

エコやリサイクルというと、かた苦しく思えてしまうかもしれませんが、日常の生活の中で手軽にできることもあります。
これから暑くなっていきますが、クーラーを使う頻度を減らす方法としては、「外からの風の通り道を作るため、少し家具の配置を変える」「窓際からの直射日光を防ぐために、ヘチマやゴーヤでグリーンカーテンを作る」「網戸を霧吹きに入れた水で湿らせ、気化熱で涼しくする」といった、自然を利用した方法はいかがでしょうか?
ちょっとした心がけの積み重ねが、環境を守ることにつながると嬉しいですね。

夏の紫外線対策 日差しからお肌を守ろう

紫外線は、シミやシワの原因にもなりますので、なんとか防ぎたいものですね。紫外線は、日陰にいると安心なような気がしますが、実はそうではありません。直射日光が当たる場所の半分程度ではありますが、肌へ紫外線が届いてしまいます。
また、日焼け止めのローションやクリームは化粧品としてだけではなく、幅広い年代の紫外線対策としての習慣にしたいものです。大切なのは、塗り方が大切。1度塗って1日中安心というわけではありません。まめに塗り直すことが肝心です。手の甲や首の後ろも意外と忘れそうなところなので、注意しましょう。大きなつばの帽子だと、首の後ろも隠れるうえ、小顔に見える効果もあるので、一石二鳥。帽子の内部にポケットがついていて、保冷剤が入れられるものも販売されています。紫外線に気をつけて、暑い夏を乗り切りましょう。

持っていくと便利!旅じたくあれこれ

夏の旅行で便利なのが、長袖の上着。冷房が効きすぎた車内や夜にちょっと肌寒いときに役立ちます。最近は小さくたためて、シワにならない素材の服も販売しているので、見つけてみましょう。また、ナイロン素材の軽くてたためるバッグもあると重宝します。大浴場へ行くときに衣類を入れたり、つい買い過ぎてしまったおみやげをまとめたり、いろいろ活用できます。
それから、旅行先では、観光案内所などでもらう、その土地のマップやガイドブックなど、紙類がたまります。A4のクリアファイルを持っていると、そこに入れていくだけで、まとめられるというわけです。帰宅してからも、旅の思い出としてそのまま保存できるという利点もあります。

栄養たっぷりひんやりジュース

夏になると冷たい飲みものが欲しくなりますね。そこで気軽にできるジュースをいくつかご紹介します。 ジュースを作るのに、便利なのがジューサーやミキサー、そして最近、手軽で人気なのがブレンダー。これは専用容器の中に材料を入れ、カッターがついた本体を入れ、撹拌する調理器具です。ジュースづくりだけではなく、いろいろなものに使えて便利です。

●甘さ控えめなバナナヨーグルトジュース
バナナ・・・1本
はちみつ・・・15g
プレーンヨーグルト・・・80g
レモン汁・・・小さじ1
水・・・150cc
●リンゴ酢の酸味がさわやかなキウイジュース
キウイ・・・1個
りんご酢・・・小さじ1
水・・・200cc
※酸っぱくない方がいいなら、レモン汁でもOK。
はちみつ・・・20g
●コショウがアクセントのトマトジュース
トマト・・・小1個
水・・・150cc
※湯むきして皮を取り除くか、皮を薄く包丁でむく
コショウ・・・少々

家の中に心落ち着く、グリーンを

今、ブームの多肉植物。よく知られているのが、サボテンやアロエですが、水やりの回数も少なく、意外と簡単に育てられます。しかも植木鉢でなくても、コーヒーカップやグラスなど、使わなくなった食器も利用できるのが嬉しい点です。

●苗の選び方
苗はできるだけ新鮮なものを選びましょう。できればきちんと管理して育てている花屋さんや園芸専門店で買いたいものです。最近はインターネットの通販でも新鮮な苗が手に入ります。

●土の選び方
土は赤玉土(粒ができるだけ小さいもの)と鹿沼土(かぬまつち)を1:1で混ぜます。そこに苗を植えるだけです。多肉植物は挿し木も簡単で、親木から枝を切り、1~2日そのまま乾燥させます。これは根から雑菌が入らないようにするためです。そのあと土に植えると、1~2週間、遅くとも3週間くらいで根がつきます。

●水やり
水やりは2週間に1回で十分ですが、穴のないカップなどに植えた場合、水やりの後に容器ごと傾け、水をしっかり切ることが大切です。そうしないと根が腐ってしまいます。

室内の比較的どんな場所にも置けるのですが、夏の強い日差しに当てると葉焼けします。 ビギナーにおすすめなのが、「ブロンズ姫」とも呼ばれるグラプトペタルムです。多肉植物は何十種類もありますので、好みにあったものを気軽に育ててみましょう。

Tea Time Recipe

クレーム・オ・ショコラ

爽やかなオレンジの風味が効いた、夏にぴったりのデザート。
ジュースを使うので手軽です。
上品な香りのチャービルを添えて、ぜひ。

レシピ考案

洋菓子の店 ラフィーユ 立川 裕二さん

・材料(カップ 約6個分)

  • 100%オレンジジュース・・・150cc
  • 生クリーム・・・・・・150cc
  • 牛乳・・・150cc
  • 粉ゼラチン・・・6g
  • 水・・・15cc
  • 上白糖・・・30g
  • バニラエッセンス・・・適量

・作り方

  1. (1)鍋にオレンジジュース、上白糖を煮溶かし、分量の水でふやかしたゼラチンを溶かします。
  2. (2)粗熱をとり、生クリーム・牛乳・バニラエッセンスを加えてカップに入れて冷やし固めます。
  3. (3)お好みのフルーツとチャービルを乗せて、できあがり。

今回のレシピを提供いただいたお店 洋菓子の店 ラフィーユ

  • 兵庫県西宮市樋之池町22-6 1F
  • TEL・FAX. 0798-70-5789

協力:兵庫県洋菓子協会

BACK TO INDEX

前へ

  • 神鋼不動産コーポレートサイト
  • G'clef
  • G'clef ジークレフ倶楽部
  • アポランねっと
  • 新卒採用サイト2012
  • 神鋼の仲介 住まいづくり・安心づくり
  • 神鋼のリフォーム
  • 神鋼の賃貸
  • 神鋼の保険サービス
  • お客様紹介制度

次へ

ページトップへ