ページ内を移動するためのリンクです。
ここからメインコンテンツです

VOL.3

My Smile Time

心を贈るラッピング

プレゼントを選ぶとき、受け取った人の笑顔を想像しながら、あれこれ考えるのは楽しいものです。中身だけでなく、外側のラッピングにもこだわるのはいかがでしょうか?

プレゼントの中身が手づくりのものなら尚のこと、包装にも気を配りたくなりますよね。以前なら、"包装紙にリボン"が定番でしたが、今はひと味違う、個性的なラッピングが注目されています。

ラッピング紙として、人気が高まっているのは「蝋引き紙」。油紙として、昔から日本ではおなじみですが、最近は模様がプリントされたものが開発されています。油にはもちろん、水にも強いので、植物などにも活用できそうです。

また、ドイツなど外国製のレースや切手、荷札など、さまざまな素材もラッピングに使えます。自由な発想で作った、自分オリジナルのラッピングでプレゼントを贈りたいですね。

おうちの中でプチリフレッシュ

寒い冬は外出もしにくく、気持ちも晴れませんよね、そんなときは、家の中でいつもと違うことに挑戦してみませんか?

たとえば、紅茶を本格的に入れてみてはいかがでしょう。ちょっと奮発した茶葉を用意。ティーポットやカップを温め、沸かしたてのお湯を注ぎ、保温カバーをかぶせてじっくり待ちます。ミルクティーにはアッサム、香りを楽しむなら中国種のキーマンがおすすめの茶葉です。

また、いつのまにか疎遠になってしまった懐かしい友人に、思いきって連絡をしてみませんか?ちょっとドキドキするかもしれませんが、心を通わせた時期がある人とは時間を越えても、心おきなくおしゃべりできるもの。よいお付き合いが再開できるかもしれません。

ゆっくりと紅茶を入れるのも、ストレス解消につながりますし、おしゃべりしたりするのもささやかな楽しみです。心を健やかに保ち、いきいきと暮らしてみましょう。

おしゃれに、そして暖かく、冬の装いを楽しむ

冬のファッションは、どうしても防寒一辺倒になりがち。と言って、薄着をしているのもツラいものですね。こんな季節には、おしゃれマフラーや手袋、帽子を見つけて、積極的に冬を楽しんでみましょう。コートやジャケットが黒や茶色などシックな色合いのものであっても、マフラーに明るいカラーを選ぶと、顔回りが明るく見えます。

また、昨年ぐらいから見かけることも多くなったブーツカバー。これはファーやニットなどいろいろな種類のものが出回っていますが、かぶせるだけで手持ちのブーツを変身させることができます。足元を暖めると冷え性にも効果があり一石二鳥。いろいろなアイテムを活用して、冬を快適に過ごしましょう。

心もおなかも温まるピリ辛煮物

大根には、ビタミンCと消化を助けるシアスターゼという酵素がたくさん含まれています。冬には甘みが強くなるので、ぜひたっぷり味わいたいもの。今回は目先を変えて、コチジャン(韓国唐辛子のみそ)を使って煮込みます。ちょっぴり辛めの味なので、ごはんによく合います。冷めてもおいしくいただけます。

家が片づく、手づくり家具にチャレンジ

片付けているのにいつのまにか家の中が散らかっている・・・、そんな悩みを解消するいくつかのアイデアをご紹介します。

ものの置き場所を決める
整理整頓の基本は「元に戻す」です。できたらその場所にラベルを貼るなどして、自分だけではなく、家族にもそれをわかってもらうことが大切です。

"とりあえず"の保管場所を決める
先ほどの"置き場所を決める"の逆のようですが、毎日の暮らしの中では、きっちりと納めてしまうにはふさわしくないものや状況も出てきます。「毎日使うマフラー」「明日、投函する郵便物」「返却予定の本」など。そんな時にはバスケットや箱など、お気に入りのものを見つけて、一時置くためのスペースとして確保してみてはどうでしょう。

家の中をデジタルカメラで撮影する
家を訪れたお客さんの目で、客観的に判断するにはカメラで撮るのが効果的です。「あれ、どうしてこんなものがここに?」と、普段の暮らしの中で適当に置いてしまったものに気づくことができます。
毎日少しずつの片づけで、おうちの中がすっきり保てたらいいですね。

Tea Time Recipe

クレーム・オ・ショコラ

卵、牛乳、砂糖と溶かしたチョコレートを固めたシンプルなお菓子。
なめらかな口当たりを楽しんでください。

レシピ考案

西洋菓子 ナイーフ 新田 良さん

・材料(4人分)

  • 牛乳・・・250cc
  • グラニュー糖・・・・・・20g
  • 卵黄・・・2ヶ(約40g)
  • クーベルチュールスイートチョコレート・・・125g

※クーベルチュール チョコレートとは、カカオバターを多く含んだチョコレートの事。準チョコレート表示のチョコレートは不向きです。

・作り方

  1. (1)ボールに卵黄・グラニュー糖を入れ、すり混ぜておきます。
  2. (2)牛乳を鍋に入れ、60℃以上になるよう火にかけます。
  3. (3)あたためた牛乳を【1】に少しずつ加え、ホイッパーで混ぜます。
  4. (4)【3】を再び鍋に戻し、弱火にかけ、ゆるくとろみがつく約80℃ま で加熱します。
  5. (5)別のボールに刻んだスイートチョコレートを用意して、(4)を少しずつ加えながらゆっくりとホイッパーで混ぜていきます。

今回のレシピを提供いただいたお店 西洋菓子 ナイーフ

  • 兵庫県明石市鳥羽1611-12
  • TEL・FAX. 078-922-3131

協力:兵庫県洋菓子協会

BACK TO INDEX

前へ

  • 神鋼不動産コーポレートサイト
  • G'clef
  • G'clef ジークレフ倶楽部
  • アポランねっと
  • 新卒採用サイト2012
  • 神鋼の仲介 住まいづくり・安心づくり
  • 神鋼のリフォーム
  • 神鋼の賃貸
  • 神鋼の保険サービス
  • お客様紹介制度

次へ

ページトップへ