ページ内を移動するためのリンクです。
ここからメインコンテンツです

VOL.21

Kobe Smile Story

地産地消で神戸の食を楽しもう

神戸の文化にスポットをあてる神戸スマイルストーリー。
今回は、神戸の豊かな自然が生み出す
食材について紹介いたします。

Kobe Smile Story

神戸の食文化を支える恵まれた農水産業

神戸港の開港以来、海外の文化を取り入れ発展してきた神戸。神戸ビーフ、パン、ケーキ、洋食など、グルメの町として全国的に知られています。
都会的な観光都市としてのイメージが強い神戸ですが、一方で海と山に囲まれ農水産業が盛んな地域という一面も持っています。恵まれた自然から生み出された食材の数々が神戸の食文化を支えているともいえるでしょう。
最近では、神戸市が中心となり、「食都神戸2020」として、神戸の食文化の魅力を広く世界に向けて発信するという取り組みも行われています。
今回は神戸の食を支える農業、漁業に関連する施設と情熱を注ぐ方々を訪ね、お話を伺います。

生産者の思いのこもった農産物を食卓へ届けたい

2017年3月30日に、神戸市北区の「道の駅 神戸フルーツ・フラワーパーク大沢(おおぞう)」にオープンした「ファームサーカス」。サーカスのテントをイメージした3つの建物に、農作物の販売ショップ、カフェ、レストランなどを備えています。
施設のコンセプトは「地産地消をあそぼう」。地元でとれた野菜や果物、お米、味噌、肉、神戸のメーカーが作った調味料など、こだわりの品々を揃えており、〝買って〟〝食べて〟楽しんでほしいとか。また、〝学ぼう〟〝遊ぼう〟として、子どもたちを対象にした農業体験など、食育にも取り組んでいます。
「神戸市北区の生産者の方から届く農作物を中心に揃えています。日常の食卓のニーズにお応えできるよう、豊富な品揃えを心がけています」と広報担当の太田さん。
オリジナル商品の開発にも力を入れており、スプーンで食べる「神戸のいちごチーズケーキ」は、六甲山の牛乳で作ったレアチーズの上に北区でとれたいちごのソースがのった、人気のスイーツ。また、神戸の老舗ベーカリー「ケルン」と提携したショップでは、地元の野菜をふんだんに使ったサンドイッチを販売しています。
神戸の自然の恵みを実感できる施設で、のんびりとした時間を過ごしてみてください。

販売ショップ「ファームサーカス マーケット」。
農作物、保存食品など700品以上が揃う
イタリアンレストラン「デイズキッチン」。窯焼きのピッツァが絶品
  • カフェ内にある「ケルン・ファームベーカリー」
  • 六甲山の名水を使った豆腐など、
    生鮮食品も充実
  • 兵庫県産の和牛「三田マルセ牛」の
    販売コーナーもあります

Shop Information

FARM CIRCUS(道の駅 神戸フルーツ・フラワーパーク大沢)

兵庫県神戸市北区大沢町上大沢2150
TEL.078-954-1940
http://fruit-flowerpark.jp/

※アクセスや各店舗の営業時間などはホームページにてご確認ください。

3つの棟からなるオシャレな道の駅
神戸フルーツ・フラワーパーク大沢
  • 神戸のいちご
    チーズケーキ 380円
  • 大沢イチゴの
    ソフトクリーム 400円
    六甲ミルクの
    ソフトクリーム 350円
  • 季節の農家ごはん 1,100円
※価格は税込みです

生産者の皆さんの思いを消費者の方々にお伝えしたいと思います。また、 おいしいのに、あまり知られていない さまざまな食材、食品なども積極的にご紹介していきたいです。敷地内には足湯が、すぐそばには遊園地もありますので、ご家族で遊びに来てくださいね。

道の駅 神戸フルーツ・フラワーパーク大沢
広報兼店舗マネージャー
太田 萌子さん

神戸の海は多彩な魚が水揚げされる豊かな漁場

神戸の海といえば、輸送船や客船が行き交う神戸港を思い浮かべる人も多いでしょう。少し意外に思われるかもしれませんが、神戸の海ではたくさんの魚がとれ、垂水漁港と長田港で水揚げされています。そこで、神戸市垂水区にある神戸市漁業協同組合を訪ね、副組合長理事の前田勝彦さんに神戸の漁業についてのお話を伺いました。
「神戸の海はプランクトンが多く、栄養分が多い海域です。プランクトンが多いと、それを食べる小さな魚が集まり、さらにそれをめあてに大きな魚が集まります。また、豊かな漁場には養分を運んでくる川が必要なのですが、淀川、武庫川、明石川をはじめ多くの川があり、地形にも恵まれていますね。また、太平洋と明石海峡の間に位置し、この2カ所から入った潮流がうまく働き、豊かな海の恵みを作り出しているのです」と前田さん。
神戸の海域には、多種多様の魚が生息しています。アジやサバ、イワシなどの回遊魚をはじめ、タイやアコウなどの高級魚やスズキ、タコ、タチウオ、ヒラメ、カレイ、アナゴ、サワラなどがとれます。時には、イルカやクジラ、ウミガメ、マグロ、マンボウも見られるとか。神戸空港の沖あたりもよい漁場だそうです。
また、神戸の海では、イカナゴ漁、海苔の養殖もさかんです。イカナゴは2月下旬から3月上旬あたりに漁が解禁。くぎ煮にしたものは、神戸の郷土食として春の訪れを告げる風物詩になっていますね。
海苔は、栄養豊富な瀬戸内の海中に網を張り、胞子を育てています。色が濃く、味わい深い「須磨海苔」はブランド海苔として注目されています。
このように神戸の海には、さまざまな海の恵みがいっぱいです。ぜひ、味わってみたいですね。

都心部に近い漁場なので、鮮度を保ったまま、
消費者の元へ届きます(写真提供:株式会社CUADRO)
神戸の海は瀬戸内特有の温暖な気候で
降水量が少なく、漁がしやすい
  • 垂水漁港の昼セリ(昼網)。
    数秒でセリ落とされ、新鮮なまま出荷
  • (写真提供:株式会社CUADRO)
  • セリには多種多様な魚が集まる

漁師さんオススメ「旬の魚を使った簡単レシピ」JF兵庫漁連「SEAT CLUB」に教えていただきました

  • サワラのソテー 春の代表的な魚であるサワラ。ふっくら焼き上げるのがポイントです。

    ●材料(2人分)
    サワラ………2切れ
    ………少々
    胡椒………少々
    オリーブオイル………大さじ1
    バター………7g
    ●作り方
    1. 1.サワラの切り身に塩・胡椒をふる。
    2. 2.熱したフライパンにオリーブオイル・バターを入れる。
    3. 3.バターが焦げないように火加減を調節しながら、サワラを皮の方から焼く。
    4. 4.皮の方の面に火が通ったら、裏返して反対側も焼く。
  • 小アジのトマト煮 5月〜7月が旬の青背の魚。トマトを合わせて洋風に。

    ●材料(2人分)
    小アジ………4尾
    塩、こしょう………適量
    小麦粉………大さじ1
    オリーブオイル………大さじ2
    トマトの水煮………150g
    玉ねぎ(薄切り)………1/2個
    白ワイン………大さじ2
    にんにく(みじん切り)………1/2片
    鷹の爪………1本
    パセリ(みじん切り)………適量
    ●作り方
    1. 1.アジは頭と内臓、ゼイゴを除き、2等分に切る。塩、こしょうをして10分置き、水気を拭き取り、小麦粉を薄くつける。
    2. 2.フライパンにオリーブオイル(大さじ1)を熱し、アジの両面を焼いて取り出す。
    3. 3.フライパンにオリーブオイル(大さじ1)を追加し、玉ねぎとニンニク、鷹の爪を入れて、しんなりするまで炒める。
    4. 4.トマトの水煮と白ワインを加え、ひと煮立ちするとアジを入れ、汁気が少なくなるまで弱火で煮込み、塩、こしょうで調味する。 器に盛り、パセリを散らす。
レシピ・写真提供:JF兵庫漁連 SEAT CLUB(シートクラブ) http://www.seat-sakana.net/

Shop Information

神戸市漁業協同組合直売所

神戸市垂水区平磯3丁目1番10号(垂水漁港内)
(JR垂水駅・山陽電車垂水駅から南へ徒歩10分)
TEL.0120-333-132(電話受付時間/9:00〜14:00)
http://www.kobeshi-gyokyo.or.jp/chokubaitenpo.html
営業時間/9:00〜14:30
定休日/年末年始(12/30〜1/4)、お盆(8/14〜8/16)

  • 直売所では季節限定ですが、
    いかなごくぎ煮の量り売りも
  • 神戸市漁業協同組合直売所で海産物の加工品、
    海苔、シラス、イカナゴのくぎ煮などを販売

神戸の漁師として5代目。神戸の海と魚への思いも強く、普及活動を行っています。「神戸のグルメといえば神戸ビーフが有名で、海外の人々にもよく知られていますが、それだけではありません。神戸には豊かな漁場があり、ここでとれる旬の魚のおいしさは格別です。イベントなどを通じ、認知度を高めていきたいと思います」

神戸市漁業協同組合 副組合長理事
前田 勝彦さん

BACK TO INDEX

前へ

  • 神鋼不動産コーポレートサイト
  • G'clef
  • 新卒採用サイト2012
  • 神鋼の仲介 住まいづくり・安心づくり
  • 神鋼のリフォーム
  • 神鋼の賃貸
  • 神鋼の保険サービス
  • お客様紹介制度

次へ

ページトップへ