ページ内を移動するためのリンクです。
ここからメインコンテンツです

VOL.12

シックな和風モダンでまとめました。グラスで高さを演出しています。
ミニスプーンは、なんと100 円均一ショップで購入したもの。
リーズナブルなものでも、うまく利用すればおしゃれになります

Kobe Smile Story

食卓を彩るコーディネート器の世界。

神戸、阪神間の文化、産業に夢を抱いて取り組む人々にスポットをあてる「神戸スマイルストーリー」。
今回は、食卓に潤いや華やかさをプラスする食器やコーディネートについてご紹介します。

Kobe Smile Story

心はずむ暮らしのための食器へのこだわり

 「お気に入りの食器を使うと、お料理や飲みものをおいしく感じる」そんな経験はありませんか。
お気に入りの食器やテーブルクロスで食卓を整える…それがテーブルコーディネートの楽しさです。
テーブルの上を表情豊かに彩ることで、料理をよりおいしく味わうことができます。
今回は、食器の選び方と組み合わせ、より食卓を素敵に演出するテーブルクロスや小物のコーディネートについてご紹介します。

テーブルクロスを変えるだけで、同じセッティングでも雰囲気が変わります。テーブルクロスの色や模様、
質感は食卓の印象を決める大きな要素です
  • 1

    まず、テーブルクロスを敷きます。
    クロスの色、柄が
    雰囲気づくりのポイントです
  • 2

    ひとりずつの前に折敷(おしき)を
    設置。これは漆器のお盆で
    揃えておくと便利です
  • 3

    折敷の上を4 分1ずつに区切って
    考えるのがコツ。料理との
    相性のよい食器を配置します
  • 4

    食器とのバランスを考え、
    細部を調整。食卓に花があると
    話題も盛り上がります

日常&おもてなしに活躍テーブルコーディネート

神戸市西区の自宅で、テーブルコーディネートの教室を開いている安東美由喜さん。食卓をトータルでコーディネートし、気持ちよく食事ができる空間を作り上げるプロです。安東さんは「一器多様」という、ひとつの食器をいろいろな場面で活用できる方法を教えています。「食器はたくさん欲しくなりますが、そうはいきませんよね。応用が利く、シンプルなものが使い勝手がいいでしょう。ランチョンマットやテーブルまわりの雑貨でアクセントをつけます。」今回はどのご家庭でもお持ちのような、シンプルな食器を使ったコーディネートを紹介いただきました。

コーディネートお役立ちアイテム ご家庭でも購入しやすく、あると何かと便利なものをご紹介

空間づくりに欠かせないテーブルクロス

初心者の方は、無地のものを選ぶと失敗がありません。
市販のものを選ぶのも楽しいですが、カーテン生地を買い、
手作りするとリーズナブルです。
端をミシンで縫うだけで大丈夫です。

活用範囲が広い折敷とペーパーナプキン

折敷があると、テーブルに高級感が漂います。
伝統的な塗りのものから、最近はプラスチック製の軽いものも登場。アクセントに使えるナプキンペーパーは、色や柄など
バリエーション豊富に揃えていると便利です。

“フタを開ける楽しみ”卓上のサプライズ

写真は木製の箱型の器。中に豆皿を置き、フタをしておきます。
開けたときの「驚き」を演出することもおもてなしです。
あしらいの南天など、季節感のあるものは「トーキンググッズ」
といって、話題を弾ませてくれる材料になります。

シックで大人っぽいコーディネート。
お鍋を開ける楽しみも

食卓に座った人の笑顔が私の喜びです

「白いお皿がコーディネートの基本。 25 ㎝、27㎝のものがあると
便利です。
日本は四季があるので、コーディネートの幅も広がると思います。ご家族、お友達との団らんのために、少しずつチャレンジしてみませんか。

テーブル・フードコーディネーター
安東 美由喜さん

神戸市西区の自宅サロンで、テーブルコーディネーター、フラワーアレンジの教室も開催。高校の家庭科講師として、食文化やコーディネートの基本も講義。教室以外のレッスンも開催。詳しくはホームページでご覧になれます。

【ホームページ】 http://rassembler.info/profile.html

こだわりの食器が見つかるショップを訪ねて 器への愛情を感じるオーナーさんがいる、素敵なショップをご紹介します。

「佇まいが一目で気に入った」という素朴で可愛いビルの一室

北欧雑貨と暮らしの道具

lotta(ロッタ)神戸

「実際に使い心地を確かめた」北欧、日本の器がずらり

夫婦で食器好きだったことから、ウェブショップを立ち上げ。2013年10月に実店舗をオープンしました。北欧、ポーランド、日本の丹波立杭焼、小鹿田焼など、国内外の食器を集めています。「いろんな国の食器でも、"自分が好きなもの"という視点で選ぶと統一でき、違和感なくなじみますよ」とのこと。 お洒落な雑貨店やカフェが軒をつらねる栄町にある心地良いショップです。

  • ひとつずつ手押しした模様がポイント
    1,674 円
  • 稀少なスウェーデン
    「ゲフレ/ウプサラエグビー」の
    プレート4,320 円
  • 1979~1981年の3 年間だけ
    製造されたというアラビア社の
    「フローラ」のプレート 5,940 円
  • レトロなデザインのポーランドのティーポット
    3,456 円
  • ポーランドのマグカップ
    ふくらんだフォルムが愛らしい
    2,376 円
  • フィンランドのアラビア社は北欧の代表的な
    食器メーカー。人気の「キルシッカ」シリーズの
    カップ&ソーサー 7,560 円

Shop Information

lotta(ロッタ)神戸

兵庫県神戸市中央区栄町通3-1-11 乙仲アパートメント2F TEL.078-599-5355 (JR 神戸線「元町駅」から徒歩5 分) http://www.web-lotta.com/

営業時間… 11:00~19:00
定 休 日 … 不定休

北欧食器は和の空間によく合います

北欧の食器を中心に扱っています。日々の暮らしの中で、使って楽しんでいただけたら嬉しいです。使っていくうちに愛着がわき、自分にとってとても大切なものになっていくプロセスも素敵ですよね。

lotta 神戸 オーナー
金谷 剣志さん・彩子さん

見やすく、整然と並んだ店内。
じっくりお気に入りを探したいお店です

うつわクウ

デザインと機能性を兼ねそろえた日本の作家の器たち

芦屋川駅の懐かしさを感じる商店街にある、食器のセレクトショップの草分け的な存在。オーナーである美崎さんの審美眼には定評があります。食器を選ぶ基準は「お料理をおいしく感じる」こと。
日本作家約40名による、使いやすくてセンスの良い食器が並びます。たくさんの食器の中から、美崎さんに相談しながら、お気に入りを選べるのもお店の魅力です。食器を選ぶ際、形ももちろんですが、口あたりも大切。お店では実際に飲みものを入れて、試飲のサービスもおこなうとか。徹底したこだわりにあふれるお店です。

  • ふじい製作所作「ウォールナットのパン皿」
    4,860 円
  • 井内素作「コーヒーカップ」
    3,672 円
  • 廣政毅作「白磁シノギ飯碗」
    3,240 円
  • 加藤益造作「粉引楕円湯呑み」
    972 円
  • 廣政毅作「白磁隅切長皿」
    4,968 円

Shop Information

lotta(ロッタ)神戸

兵庫県芦屋市西山町3-11ラフェルテ芦屋川1F 
(阪急芦屋川駅より徒歩3 分、JR 芦屋駅より徒歩13 分)
TEL.0797-38-8339
http://www.utsuwa-ku.com/

営業時間… 11:00~18:00
定 休 日 … 毎週月曜・火曜
※月曜が祝日の場合もお休みします

実用的でシンプル、そして品のあるもの

ご家庭の毎日の食卓には、最初は白いもの、そして絵付けのものをおすすめします。食器の補修ができる「簡易金継教室」も開催。長く器とお付き合いをしていただくお手伝いをしたいと思います。

うつわクウ 店主
美崎 ゆかりさん

知っておきたい食器豆知識あれこれ

今回の取材で教えていただいた、器を選ぶときのヒント、お手入れのノウハウをご紹介します。
ぜひご参考になさってください。

豆皿

手の平にちょこんと
乗るサイズの豆皿が
あると盛り付けの
バリエーションが広がります。

漆の器

陶器には木のスプーンや
フォークが合います。
ほっこり温かなイメージを
演出できます。

土鍋

使いはじめは
お粥を炊き、「目止め」を
すると長持ちします。
急激な温度変化に弱いので、
底面がぬれたまま使わないようにしましょう。

木製のカトラリー

陶器には木のスプーンやフォークが
合います。ほっこり温かな
イメージを演出できます。

BACK TO INDEX

前へ

  • 神鋼不動産コーポレートサイト
  • G'clef
  • G'clef ジークレフ倶楽部
  • アポランねっと
  • 新卒採用サイト2012
  • 神鋼の仲介 住まいづくり・安心づくり
  • 神鋼のリフォーム
  • 神鋼の賃貸
  • 神鋼の保険サービス
  • お客様紹介制度

次へ

ページトップへ