ページ内を移動するためのリンクです。
ここからメインコンテンツです

VOL.9

季節を映し出す、上生菓子は常時6種類。「山茶花」「山路」など名前も美しい

Kobe Smile Story

和の味と伝統を感じる雅やかな和菓子。

神戸や阪神間の産業や食文化をテーマに、夢を抱いて取り組む人々にスポットをあてる「神戸スマイルストーリー」。
今回は、日本の心を伝える和菓子についてのお話をお届けします。

どこか懐かしい雰囲気を漂わせる店内。
創業当時の建物を大切に、そのまま使っています

ほっと心がなごむ和菓子。見直される日本の文化。

白玉しるこ295円。やわらかな白玉、
やさしい甘みのしるこは"飲めるしるこ"と評判

季節感を表現した上生菓子をはじめ、お米や小豆、四季の果物を材料にしてつくられるさまざまな和菓子は、日本の食文化を私たちに伝えてくれます。欧米スタイルの生活を送っていても、和菓子を食べると、心が落ち着きますね。
ユネスコの世界無形文化遺産に登録された和食の素晴らしさに通じるように、和菓子の奥深い味わいも見直されています。今回は、阪神間で人気のお店をご紹介します。

赤小豆あん、白あんの2種類がある
月光1個168円

材料と製法にこだわり70年西宮・甲子園口の「桔梗堂」

「桔梗堂」が開店したのは昭和20年のこと。まだ食料が乏しいこの時代、「なにか栄養のあるものを」という思いで砂糖と小豆で「月光」という、和風の焼菓子をつくったのがはじまりです。
以来約70年、桔梗堂では厳選した材料を使い、手間と時間を惜しまず、和菓子をつくり続けています。その味は二代目の高尾泰三さん、三代目の哲司さんに受け継がれ、店頭には京風の上生菓子、地元西宮にちなんだ銘菓など、バリエーション豊かな和菓子が並んでいます。
「朝5時から岡山備中産の小豆を炊いています。あくまで自家製のあんと手作業にこだわっています」とのこと。地元のみならず、遠方からも取り寄せで求める人も多く、地方発送にも追われているそうです。

和菓子の伝統を守りつつ新しい味の発見にも意欲的

球宴168円。
あんに胡麻と刻んだ栗が入った最中

桔梗堂で人気の商品は「白玉しるこ」。春先から11月末までの季節商品ですが、さらりとした「しるこ」にやわらかな白玉が浮かんでいます。
テレビや雑誌に取り上げられることも多く、全国的に知られている銘菓です。宝塚歌劇団のスターや芸能人にもご贔屓が多く、差し入れなどにもよく使われるそうです。
また、寒い時期には本わらび粉を使ったとろけるような食感のわらび餅が好評です。暑い時期にはその食感を維持しにくいそうです。そのため桔梗堂の店頭にわらび餅が並ぶのは気温の低い冬なのです。店舗が甲子園球場に近いことから「球宴」という名の銘菓を考案するなど、和菓子への情熱を強く感じるお店です。ぜひ一度、訪ねてその味を確かめてみてください。

本わらび粉を使い、手作業で仕上げます。
11月から3月まで限定販売

わらび餅6個入り1,000円。
口の中で溶けそうな、繊細な味わいが人気

和菓子に親しんでいただきたい。

自家製のあんのおいしさをぜひ、お客様に味わっていただきたいと、毎日手づくりしています。なめらかな舌ざわりは、機械ではできません。手仕事だからできる味わいなんです。これからも安心して召し上がっていただける上質の材料を使い、おいしい和菓子をつくり続けます。

桔梗堂/ 左:2代目 高尾泰三さん 右:3代目 高尾哲司さん

Shop Information

桔梗堂「ききょうどう」

西宮市甲子園二番町1-16
TEL.0798-48-1611
(JR 神戸線「甲子園口」駅から南へ徒歩約7分)

営業時間月~土曜 / 8:00~19:00 日曜 / 8:00~17:00
定 休 日不定休

BACK TO INDEX

前へ

  • 神鋼不動産コーポレートサイト
  • G'clef
  • G'clef ジークレフ倶楽部
  • アポランねっと
  • 新卒採用サイト2012
  • 神鋼の仲介 住まいづくり・安心づくり
  • 神鋼のリフォーム
  • 神鋼の賃貸
  • 神鋼の保険サービス
  • お客様紹介制度

次へ

ページトップへ