ページ内を移動するためのリンクです。
ここからメインコンテンツです

先輩社員×後輩社員 対談

保険

当社へ就職を決意した最大の決め手は?

関西圏に拠点があり、幅広い事業領域や
風通しがよい社風に惹かれて。

業態を絞らず、関西に事業基点を置く企業を考えていました。その上、総合生活関連企業として不動産事業から保険代理事業までと幅広く手がけていたことも魅力的だと思いました。でも一番心に残ったのが、会社説明会で人事担当の方や先輩方とお話しして、とても感じがよかったことです。和気あいあいとしていて風通しがよく、仕事で困ったときにすぐに相談できるような社風に驚きました。神戸出身なので、地元で就職が決まってうれしかったです。

生まれ育った神戸で、地域に根ざし、
あらゆる場面で社会貢献ができる企業へ。

生まれ育った神戸で、地域に根付いた企業で働きたいと思っていましたので、神戸製鋼グループの企業をと考えました。当社はそのブランド力を持ち、不動産開発・分譲、仲介、リフォーム、賃貸、保険に至るまで多角的に事業展開をして様々な経験ができることに興味を持ちました。1つの事業だけを仕事にすると自分自身の視野が狭くなり、考え方も固まってしまうように感じていましたので、そのフィールドの広さにも惹かれました。

現在、あなたの仕事内容は?

お客様は神戸製鋼グループの従業員。
会社に出向いて相談会を開く。

神戸製鋼グループの従業員を対象に、生命、医療、傷害、自動車、火災、海外旅行など各種保険のご相談から提案、契約に至るまでの手続き、更新業務、保険金の請求対応などを行っています。グループ会社という利点を生かして、週1回程度、事業所の窓口で相談会を開くという営業スタイルです。相談会でお話させて頂いた内容を基に見積書を作成。後日訪問の際にご提案をさせて頂きます。

遠方の事業所に出向くことも。
割引・特典も多く、事業所は協力的。

仕事内容は、敦賀君とほぼ同じです。神戸製鋼グループの事業所は全国に点在していますので、広島など遠方にも出向くこともあります。扱っている保険商品はグループ内で福利厚生の一環でもありますし、3万6000人というスケールメリットを生かした割引・特典が多いものなので、各事業所でかなり協力的にご加入いただいています。窓口に来られた一般の方のご相談や当社の分譲物件の入居者に火災保険の説明会を開いたりすることもありますね。

今の仕事で感じるやりがいは?

どの保険が適しているかをご提案。
「相談しやすかった」という言葉がうれしい。

保険の内容は多岐にわたるので、たくさんの商品の中で、どの保険が自分に適しているのかわからないとおっしゃるお客さまが多いのが実情です。自分自身も勉強を重ねて、少しずつですが、お客さまのご要望をしっかり聞き取って的確なご提案ができるようになってきたと思います。契約まで進み、「相談しやすかった」「また敦賀さんにお願いしたい」と言っていただいた時はホッとしますし、やってきてよかったなと感じます。

不安を取り除き、
お客様の人生に寄り添うのが保険。

保険は、お客様が何を不安に思っておられるのかを明らかにしていくことから始まります。ライフステージに合った保険を提案し、実際に使うことになって感謝されると、おすすめしてよかったなと思います。入社半年目の頃からお付き合いのお客さまが、結婚を機にご自身の全ての保険を弊社にてご契約してくださいました。「保険ってお客さまの人生に寄り添って続いていくものなんだ」とつくづく感じた瞬間でした。

先輩、後輩それぞれの印象は?これからの決意やアドバイスを。

1年差とは思えないほど知識が豊富。
お客さまに不安を残さない対応がかっこいい。

商品知識が豊富で、お客さまへの振る舞い一つにしても「スマート」なところがかっこいいです。言葉を整理して論理的に話され、質問には即座に回答、頭がよくて回転も速いなと思います。私の1つ上なので2年目の先輩ですが、もっと経験のある先輩といってもおかしくないぐらいで、「保険に精通したプランナー」という存在感があります。優しい方で、わからないことは丁寧に1つ1つ教えて下さり、頼りがいがあります。

新人とは思えない落ち着きがある。
あとは「整理整頓」の心がけを。

お客様に寄り添う姿勢が誠実で、相手の意見をしっかり聞いて、的確な対応をとっていますね。少し焦ったお客さまから電話があった時も始終変わらず冷静で、新入社員と思えない落ち着きを感じました。職場を和ませてくれたり、商品に対する知識もみるみるうちについてきていて、仕事面での不安はありませんが、「整理整頓」に気を配ってほしいです(笑)。デスクが散らかっていると「仕事が追いついていないのかな」と心配になりますので(笑)。

就活生へのメッセージ、アドバイスをどうぞ

会社の雰囲気がよかった。
不安の払拭には積極的な質問を。

世間一般のイメージや会社の規模に左右されるのではなく、自分の目で「自分に合っているのか」を探ることが重要だと思います。最初のインパクトはよかったけれど実際に入社したら違っていたという事態を回避するためにも、採用段階で担当者に積極的に質問をしてください。私の場合は入社前と後とのギャップは全然ありません。部署の雰囲気もいいですし、お客様との交流もできてとても楽しい環境で仕事に励んでいます。

部署内でも仕事内容が異なることも。
求められるのは「適応能力」。

当社には、10年で複数の部署を経験できるジョブローテーション制度があります。部署によって業務内容も人もがらりと変わりますので、いろいろな場面に対応できる「適応力」が必要ではないかと思います。当社の採用活動では先輩社員と交流する機会がたくさんあると思いますので、そこから感じた社風をぜひ参考にしてください。また、どんな人と働くかは最も大切なことですので、それをしっかり見極めながら就活されることをおすすめします。