ページ内を移動するためのリンクです。
トップページ > 法人のお客さま > 保険商品をリスクから選ぶ
法人のお客さま

保険商品をリスクから選ぶ

当社独自の保険サービスで企業さまをバックアップします。

  • 財物に関するリスク
  • 営業利益・費用に関するリスク
  • 自動車に関するリスク
  • 運送・輸送に関するリスク
  • 賠償責任に関するリスク
  • 工事に関するリスク
  • 各種取引・信用に関するリスク
  • 役員・従業員に関するリスク

財物に関するリスク

財物に関するリスク
  • 自然災害による損害
  • 火災・爆発等による損害
  • 電気的・機械的事故による損害
  • 盗難による損害

※上記の事由による損害であっても、保険の種類によりお支払いの対象とならない場合があります。

火災保険(企業物件)

企業や店舗の財産は火災、風災、水災といった災害リスクだけでなく、機械設備の電気的・機械的な事故、商品の盗難等の様々なリスクがあります。企業向けの火災保険では会社の財物や事故による休業によって生じた利益の損失、営業継続費用などを幅広く補償できるタイプのものもあります。

機械保険

工場等で稼働可能な状態にある機械設備や機械装置が、従業員の操作ミス、過電流、他物の衝突等の不測かつ突発的な事故によって被った損害を補償します。

【例】過負荷によるプレスの損壊。異物の巻き込みによる機械の破損。異常寒波によるビル内配管の凍結による亀裂。

ボイラ保険

工場、ビルなどに設置しているボイラおよび圧力容器に発生した事故による損害を補償します。火災保険では補償されない、未燃焼ガスによる爆発や誤操作による空焚きなどの損害をカバーします。

【例】空焚き事故により炉筒が圧かいした。起動時の点火ミスによりボイラが爆発した。

ページの先頭へ

営業利益・費用に関するリスク

営業利益・費用に関するリスク
  • 火災・爆発等の事故に伴う売上の減少により生じた利益や費用の損失

企業費用・利益総合保険

保険の対象である施設・設備等が偶然な事故により損害を被った場合、および敷地外ユーティリティ設備の供給が中断した場合に、営業が休止・阻害されたために生じる休業損失(喪失利益、収益減少防止費用)または営業継続費用の両方もしくはいずれかを支払います。

image
ページの先頭へ

自動車に関するリスク

自動車に関するリスク
  • 社有車 (リース車含む) の事故による車両や損害賠償責任・争訟費用等の損害

企業向け自動車保険

企業等が所有・使用・管理している自動車の自動車保険では、ご契約の自動車の総付保台数が10台以上になると「フリート契約」になります。
「フリート契約の自動車保険は、一般の自動車保険契約とは仕組みが異なっております。
(フリート多数割引、優良割引・第一種デメリット料率、運転者年令条件なし等)

 

また、各引受保険会社ごとに社有車など事業用自動車に関わる損害賠償リスク、車両修理費用などの企業所有リスクを補償する商品が用意されています。

image
ページの先頭へ

運送・輸送に関するリスク

運送・輸送に関するリスク
  • 製品・原材料を輸送中に発生する輸送用具の衝突、火災、海上輸送中の海水の浸入、破損、盗難による損害
  • 輸送に伴う保管中に発生する損害

外航貨物海上保険

国際間輸送される貨物の輸送中に発生する様々なリスクに関し、貿易を行うための基本となる売買契約に基づき負担するリスクを総合的にカバーする保険です。

貨紙幣類・有価証券運送保険

現金・小切手などの貨紙幣類、および、株券・手形などの有価証券の日本国内における輸送中や保管中の不測の事故による損害を1年間包括的にカバーする保険です。

image
ページの先頭へ

賠償責任に関するリスク

賠償責任に関するリスク
  • 施設の所有、使用または管理の不備による損害賠償金や争訟費用等の損害(施設所有(管理)者賠償責任保険)
  • 生産物または仕事の結果に起因する事故の損害賠償金や争訟費用等の損害(生産物賠償責任保険)

生産物賠償責任(PL)保険

「製造・販売した製品などの欠陥が原因の事故」「ある仕事を行った場合に、その仕事の結果が原因となった事故」によって他人にケガをさせたり、他人の物を壊した場合に、法律上の損害賠償責任を負担することによって被る損害を補償します。

【例1】石油ファンヒーターの据付ミスにより使用者が一酸化炭素中毒で死亡した。

【例2】レストランで提供した食事により、約40名にサルモネラ菌による食中毒が発生した。

請負業者賠償責任保険

建設工事、土木工事などの請負業者や清掃業者などが請負業務の遂行に伴う事故によって他人にケガをさせたり、他人の物を壊した場合に、法律上の損害賠償責任を負担することによって被る損害を補償します。

【例1】建設現場から鉄骨が落下して通行人にケガをさせた。

【例2】ビルの窓ガラスの清掃作業中、清掃用具を落とし、通行人にケガをさせた。

image

受託者賠償責任保険

他人から物を預かっている業者がお客さまの財物を保管・管理中に不注意により火災で焼失したり、破損、紛失、盗難にあい、法律上の損害賠償責任を負担することによって被る損害を補償します。

【例】倉庫業者が荷出しの際に、誤ってお客さまの財物に損害をあたえた。

施設所有(管理)者賠償責任保険

施設の安全性の維持・管理の不備や構造上の欠陥による事故や、施設の用法に伴う仕事の遂行によって発生した事故によって他人にケガをさせたり、他人の物を壊した場合に、法律上の損害賠償責任を負担することによって被る損害を補償します。

【例1】ビルの看板が落下して通行人にケガをさせた。

【例2】マンション内の管理組合が所有する公園にあるブランコのチェーンがはずれ、遊んでいた子供が負傷した。

個人情報漏えい保険

情報が漏えいし、保険期間中に損害賠償請求を提起された場合に法律上の損害賠償責任を負担することによって被る損害と、保険期間中に情報漏えいが発生し被保険者が事故対応のために支出した費用を補償します。

【例】以下のような事故により顧客の個人情報が漏えいし、数日後、一部の顧客がプライバシーの侵害を理由に損害賠償請求を提起した。
○個人情報データベースへの不正アクセス
○個人情報を記録したコンピュータ、CD-ROMなどの盗難・紛失
○個人情報を記載したリスト、ファイルの盗難、紛失

image
ページの先頭へ

工事に関するリスク

工事に関するリスク
  • 建設工事、土木工事、組立工事などの過程において発生した不測で突発的事故による損害

建設工事保険

ビル、住宅等の建物の建築工事現場における火災、作業ミスなどの不測かつ突発的な事故によって工事の目的物や工事用仮設物等に生じた損害を補償します。

【例1】溶接の火花が断熱材に着火し建築中の建物が全焼した。

【例2】突風により資材が落下し損傷した。

【例3】保管中の工事用資材が盗まれた。

image

組立保険

機械、プラントなどの設備の組立工事現場における火災、作業ミスなどの不測かつ突発的な事故によって、工事の目的物や工事用仮設材等に生じた損害を補償します。

【例1】建物の外装工事中、台風により外壁の型枠が脱落した。

【例2】ユニットバスを取り付け中、誤って破損させた。

【例3】集中豪雨によって雨水が地下1階に侵入、施工中の冷温発生機およびポンプが損傷した。

土木工事保険

道路舗装工事、トンネル工事などの土木工事現場における不測かつ突発的な事故によって、工事の目的物や工事用仮設材等に生じた損害を補償します。

【例1】集中豪雨により建設中の道路法面(のりめん)が崩壊した。

【例2】トンネル工事にて掘削法面である岩盤が崩壊した。

ページの先頭へ

各種取引・信用に関するリスク

各種取引・信用に関するリスク
  • 企業の取引先の法的な倒産等による売上代金債権が回収できないため被る損害

取引信用保険

取引先の倒産等による売掛債権の回収不能(貸倒損失)に備える保険商品です。
貸倒損失の早期回収が可能になります。
与信管理が充実することで、取引金融機関などに対する企業の信用力が向上します。

※ご加入にあたり、一定の審査がございます。審査の結果、ご加入いただけない場合がございますので、ご注意ください。

ページの先頭へ

役員・従業員に関するリスク

役員・従業員に関するリスク
  • 労働災害に伴う政府労災保険の上乗せ補償
  • 病気・ケガによる収入の減少

労働災害総合保険

労働災害事故時の法定外補償、使用者の損害賠償リスクを補償します。

 

福利厚生制度の運営に伴う企業の費用リスクをバックアップします。

従業員が労働災害を被った場合に、政府労災の上乗せ補償として会社が災害補償規定等に基づき従業員または従業員のご遺族に支払う補償金を保険金お支払いの対象とします。

傷害保険

就業中に発生した従業員のさまざまなケガを補償します。

 

従業員の業務上災害・通勤災害を、政府労災とは別に補償します。

正規従業員の方々はもちろん、パート・アルバイト、臨時雇い、下請け人の方々も補償します。
「常勤パート5名」といった個人を特定せず(準記名方式)に加入することも可能です。

ページの先頭へ
このページの上へ

前へ

  • 神鋼不動産
  • G'clef
  • G'clef ジークレフ倶楽部
  • アポランねっと
  • 新卒採用サイト2012
  • 神鋼の仲介 住まいづくり・安心づくり
  • 神鋼のリフォーム
  • 神鋼の賃貸
  • お客様紹介制度

次へ

All rights reserved, Copyright (c)神鋼不動産株式会社