ページ内を移動するためのリンクです。

神戸洋菓子物語

  • TOP

ここからメインコンテンツです

神戸市中央区

ママのえらんだ元町ケーキ 元町本店

創業60年以上。神戸でも有数の歴史を誇るのがこちらの洋菓子店です。代々受け継がれてきたレシピを守り、素朴でほっとする味わいが、世代問わず愛されています。

ヒストリー

終戦まもない頃、先代がリヤカーを引き、花隈界隈でシュークリームを売り始めたのがルーツ。
店を構えたのは1946年5月のこと。当時は希少だったバターを使った、パイやバタークリームを用いたケーキが創業当初から好評を博していたのだそうです。現在のオーナー、3代目の大西達也さんが就任したのは2006年。2008年には本店をリニューアル。現在は芦屋打出店・大丸神戸店を含めた3店舗を構えています。

商品紹介

お店の看板メニュー「ざくろ」をはじめ、世代を超えて親しまれる、シンプルな素材を丁寧に仕上げた生ケーキが主力。「子供に食べさせたい、日常になじむ味わいを」という思いが詰まった、価格も良心的な親しみやすい品が揃います。「ラムケーキ」など、食べ応えある大人向けの商品もスタンバイ。

ざくろ

¥260(税込み)

多いときには一日1000個を売り上げる、40年来不動の人気メニュー。カステラのような素朴な味わいのふんわりとした生地に、甘さ控えめの生クリーム、いちごの甘酸っぱさがアクセントです。

ラムケーキ

¥260(税込み)

子供にも親しみやすいメニューが多いなか、ぜひ大人に楽しんで欲しいのがこちらの一品。ラム酒をしっかりと効かせた芳醇な味わいに、京都など遠方のファンも多いのだそうです。

スタッフ紹介

オーナーシェフ  大西 達也(おおにし たつや)さん

・働くきっかけ
もともとは奥様の実家が現在のお店で、周囲からの勧めもあって洋菓子職人の道に進んだのがきっかけ。大阪の店で5年間働き、新店舗立ち上げやコンクール出場などを経験するうちに、「好きで楽しいし、それが人のためになる。自分にとっては天職」とどんどん洋菓子の世界に引き込まれていったのだそうです。
・普段のライフスタイル
現在はなかなか休みが取れない毎日が続いているそうですが、休みの日には、まだ小さいお子様と過ごす時間がほとんどなのだとか。「子供がもう少し大きくなったら、自分が好きな旅行に家族で出かけられたら」とのことです。
・おすすめのお店
【ロバータ商会】
北野のハンター坂界隈にあるBAR。レコードでかけられる音楽にマスターのセンスが光る、落ち着いたムードの一軒。

店舗情報

ママのえらんだ元町ケーキ 元町本店

戦後まもなく創業した神戸の老舗洋菓子店。小さい頃に食べたような、懐かしくて思わずほっと一息つきたくなるような品々が揃います。ボリューム感があるのに子供でもペロリと平らげてしまう、先代からのレシピを受け継いだ素朴かつ洗練された生ケーキが人気。1つ\200台というリーズナブルな価格設定も魅力です。看板商品の「ざくろ」のようなハッピーでぬくもりある色調の店内には、イートイン席も多数。


大きな地図で見る

  • 住所

    : 神戸市中央区元町通5-5-1

  • アクセス

    : 神戸高速線花隈駅 徒歩4分

  • TEL

    : 078-341-6983

  • イートイン

    : 32席

  • 営業時間

    : 8:30~19:00

  • 休業日

    : 水曜日

バックナンバー

アポランねっと

メール会員募集中 MAIL MEMBER
特典満載 毎月洋菓子が当たる! お得なメール会員募集中
会員登録はコチラ

クイズ当選者発表

「アポランねっと」は神鋼不動産が運営する、兵庫・神戸エリアを中心としたカフェ・スイーツの情報サイトです。毎週、神戸の絶品スイーツやオシャレなカフェをご紹介させて頂きます。

メール会員にご登録頂くと、メルマガでいち早くスイーツ・カフェ情報のお知らせや、毎月4名様に絶品スイーツ3,000円分をプレゼント致しますのぜ是非お気軽にご登録下さい!